HOME > 部門紹介 > 看護部(2階病棟)

看護部(2階病棟)

業務内容

この病棟は、小児科(未熟児含む)・産婦人科を主とした35床の病棟で、助産師、看護師、看護助手が3交替で看護を提供しています。 また、必要に応じ院内保育所より協力を得て保育士が小児患者様の対応をいたします。
2F写真

組織案内

<産婦人科病棟の特徴>
 産婦人科は、妊娠に関わる治療、子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮癌などの手術・治療・漢方療法など、4人の医師が精力的に取り組んでいます。
 また、助産師は妊娠、分娩、産後のケア、母乳育児への援助、母親学級、マタニティヨガ、退院1週間後の母乳ケア、地域での母親学級担当など幅広く取り組んでいます。そして、妊産婦の皆様に、できるだけきめ細やかで安全なサービスが提供できるよう、病棟勉強会や研修会へ参加し研鐙しております。元気で楽しそうな助産師活動を、ご覧になってください。

<小児科病棟の特徴>
 小児科病棟は2名の医師と担当看護師たちがお子様の治療を行なっています。
 病室の窓ガラスには、スタッフ手作りのパンダさん、クマさん、カエルさん、いもむしさん、チョウチョやお日さまが、治療中の子どもたちをやさしく見守っています。
 病気や不安で不機嫌に泣きじやくっていた子どもたちが、治療の効果で元気になっていき、明るく楽しそうな声があっちからこっちから聞こえてくるようになります。