HOME > 診療科紹介 > リウマチ科

リウマチ科

対象疾患と診療

診療内容
朝のこわばりや手指の痛みや腫れのある方の早期リウマチの診断、膠原病の診断と治療を行います。
リウマチや変形性関節症が進行し、膝の変形や不安定性、痛みのために歩きにくくなった方を対象に人工関節、人工股関節などの手術を行います。
またリウマチや膠原病で肺や腎臓、血管が悪くなった場合、内臓の治療と血漿交換療法、透析なども行います。

よくある質問と各種情報

科目の特徴と方針

科の特徴
当院のリウマチセンターは、平成5年静岡で本格的にリウマチ性疾患を系統的に診療する診療部門として開設されました。当センターでは、リウマチが重篤な合併症を併発したり、リスクの高い手術をした場合の治療を行い、日頃の治療、ケアーを受けているかかりつけ医と在宅などとの病診連携を模索しております。また全国リウマチセンター連絡会議のメンバーとして、最新の情報をもとに治療を提供し続け、静岡県中部地区のリウマチ・膠原病治療の中核施設として頑張っております。

当科在籍医師の紹介

氏名 坪井 声示
役職 副院長
卒年 昭和59年
資格 日本リウマチ学会指導医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本リウマチ財団登録医、日本整形外科学会専門医 日本リウマチ学会専門医、日本リハビリテーション医学会専門医
専門分野 リウマチ性疾患(関節リウマチ、変形性関節症・膠原病)
氏名 塩浦 朋根
役職 診療部長
卒年 平成8年
資格 日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医
専門分野 関節リウマチ
氏名 小川 久美子
役職 (非常勤)