HOME > 診療科紹介 > 産婦人科

産婦人科

メニュー

科目の特徴と方針

当科は腹腔鏡手術を主軸とした診療を行っています。
腹腔鏡手術は傷が小さく、入院期間が短く、社会復帰(仕事や家庭に復帰すること)が早いという点があります。
最近では、カメラや手術で扱う機械の性能が上がり、拡大視野(カメラを近づけることによる微細な視野)を生かした繊細な癒着剥離が可能となり、開腹手術よりも出血が少ないとされています。

当産婦人科は、「患者様が納得できるわかりやすい説明」そして「一人一人の希望に合わせた臨機応変な手術対応」を心がけています。

病気に対する不安や、治療の疑問点などを積極的に質問いただき、しっかりと医療者側とコミュニケーションをして治療を受けていただくことが、病気を治す近道と考えます。
患者様の理解を深めていただくために十分な知識と経験を持ったスタッフがサポートをしております。入院中、不安に感じることは小さなことでも構いませんので、看護師や病棟スタッフにお気軽に声をおかけください。

一人一人に合った治療とは、画一的な治療にとどまらず、患者さまの病状・生活状況に応じた治療を選択していくということです。病状・年齢・治療歴などにより、腹腔鏡手術を受けられる際の条件が異なります。一人一人に適した治療が異なるため、多くの治療法を熟知し適切に選択できることが患者さまの治療に携わる者として必要不可欠なことと考えます。
心や体への負担を最低限に抑えつつ、最適な治療結果が得られるよう一人一人にあった治療を患者さまと共に選択していきたいと思っております。

診療実績

当科の腹腔鏡手術および卵管鏡下卵管形成術の平成30年度実績

当科在籍医師の紹介

氏名 鈴木 崇公
役職 産婦人科部長
卒大 浜松医科大学
卒年 2012年
資格 日本産科婦人科学会専門医
所属学会 日本産科婦人科学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本周産期新生児学会
日本生殖医学会
氏名 中山 毅
役職 非常勤
卒年 1997年
資格 日本産婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本東洋医学会専門医 、日本内視鏡外科学会技術認定医、母体保護法指定医師、 日本温泉気候物理医学会温泉療法医
専門分野 腹腔鏡下手術・漢方療法
所属学会 日本産婦人科学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
日本抗加齢医学会
日本生殖医学会
日本東洋医学会
日本温泉気候物理医学会
氏名 鈴木 京子
役職 非常勤
卒年 2005年
資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
所属学会 日本産科婦人科学会
日本東洋医学会
日本女性医学会
氏名 稲本 裕
役職 非常勤
資格 医学博士・日本産科婦人科学会専門医・静岡県社会保険指導医・浜松医科大学臨床教授
専門分野 産婦人科一般
所属学会 日本産科婦人科学会