HOME > 診療科紹介 > 脳神経外科

脳神経外科

対象疾患と診療

脳卒中(くも膜下出血、脳梗塞、脳出血)、頭部外傷、脳腫瘍、正常圧水頭症、頭痛、症候性てんかん

科目の特徴と方針

科の特徴
脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、癌、心臓病、脳卒中という3大死亡原因の一つに上げられ、当科の扱う主な病気の一つです。
症状は前ぶれ無く起こり、通常はひどい後遺症に悩んだりします。脳卒中は、再発することもあります。
予防方法は、脳卒中の危険性をはらんでいる基礎疾患(不整脈、心筋梗塞、動脈硬化)や生活習慣病(高血圧症、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症)の治療、食生活の改善、適度な運動、規則正しい生活が上げられます。
もし脳卒中になったなら、速やかに医療機関に連絡をとり受診するのが肝要です。早期の治療によって完治することがあります。もし仮に障害が残ったとしても、四肢の機能訓練にて社会復帰・家庭復帰が期待されます。
当科に於は、包括的・総合的に患者様をみていくことにより地域社会に貢献していく所存です。
家庭復帰・在宅介護・転院・施設入所に関しては、支援相談するケースワーカーと退院後の生活について検討していきます。
家庭復帰するときには、介護保険を利用して在宅支援サービス(訪問看護・訪問リハビリなど)が受けられます。

診療方針
生活習慣病(高血圧、糖尿病、高コレステロール血症)の増加に伴い、脳卒中になる患者様も年々増えています。
当科では、脳卒中に対する急性期治療はもちろんのこと、慢性期の再発予防や危険因子を持った方の発症予防にも目を向け日常診療を行なっています。
また、近隣の診療所等との連携を密接にし、地域の皆様により密着した医療を目指します。

当科在籍医師の紹介

氏名 磯辺 樹己
役職 診療部長
卒年 平成元年
資格 日本脳神経外科学会専門医