HOME > 診療科紹介 > 神経内科

神経内科

対象疾患と診療

 頭痛 脳梗塞 認知症 パーキンソン病 けいれん 末梢神経障害 筋疾患 神経難病

科目の特徴と方針

 神経内科では、脳から脊髄、末梢神経に至る神経系および筋肉の病気を診療しています。
診療の対象となる主な症状としては、
①手足の動きが鈍い、力が入りにくい、動かない
②手足や身体が勝手に動く
③身体の感覚が鈍い、ピリピリとした痛みがある
④頭が痛い
⑤ものが二重に見える
⑥まぶたが重い
⑦バランスが取りにくい、ふらつく
⑧言葉が出にくい
⑨物忘れがひどくなった
⑩意識がなくなる…
などです。


 なお、短時間で急に力が入りにくくなった場合(麻痺)、それは脳卒中(脳梗塞・脳出血)である可能性があります。発症後数時間以内であれば有効な治療法が選択できる場合がございますので、この場合には時間をおかず、速やかに医療機関に御相談いただくことをお奨めいたします。
また、うつ状態や不眠症などの症状や、施設入所ケアを前提とした認知症診療については、いずれも精神・神経科の病態として専門施設における診療が必要となります。

手術が必要となる病態と判明した場合には脳神経外科や整形外科へ、また頭痛・痙攣・脳血管障害などの疾患で特殊な診療を御希望される場合には、静岡市内等の専門施設へ速やかに御相談させていただくことも可能です。

医療関係者の皆様へ

 神経系の病態は、脳外科・神経内科・整形外科・耳鼻科・眼科などの複数の診療科とオーバーラップする症候も多く、診察・検査をしてから初めてその病態と担当診療科が分かるものも多いようです。
このように、御依頼先の選択からお困りの症例があれば、初期診療から病態確認を行いますので、是非御相談ください。
※なお、緊急での対応が必要となる脳出血(頭痛を伴う意識障害や神経症状)及び精神・神経科領域の病態に関しましては、現状では対応が難しい状況であることを予め申し添えさせていただくと共に、お詫び申し上げます。

 当科の外来は、毎週月曜日午前、木曜日午後および隔週火曜日午前(非常勤吉井医師)の週2-3日体制となっております。また、患者様に何らかの御事情等がある場合には、外来まで御相談いただければ上記以外でも対応いたします。

当科在籍医師の紹介

氏名 篠江 隆
役職 診療部長
卒年 1990年(平成2年)
資格 日本神経学会専門医・指導医 医学博士
専門分野 脳卒中、認知症、頭痛、パーキンソン病、神経難病、神経筋疾患
一言 平成27年12月より、静岡厚生病院にて神経内科診療を担当させていただいております。今後ともよろしくお願いいたします。
氏名 吉井 仁
役職 (非常勤)
卒年 1984年(昭和59年)
専門分野 脳卒中、認知症、頭痛、パーキンソン病、BTX治療
その他役職 静岡済生会総合病院副院長・神経内科部長、名古屋大学非常勤講師、名古屋大学臨床准教授